相続のための対策というと

相続税対策が気になるところです。

もちろん私もそうです。が、相続全体から見て

相続税の「節税」が主目的となってしまうのはいかがなものかと思います。
もちろん相続税を納税すること・納税資金の確保は大切です。

相続税対策を長年してきても、ご本人が認知症と認められるとあまり意味がありません。

というよりも、ご本人が生きていらっしゃるのですから、認知症のご本人の生活の保護が第一のはずで

そこに節税というのは・・・

また、遺産分割協議で揉めてしまった場合にも同様です。

相続全体から見て、まずは揉めない相続対策をして、その中で

相続税の節税ができるのであれば施せば良いのではないかと思います。